しみ・しわ改善パックの方法

ブロッコリーパック

ブロッコリーには、肌の老化の元凶や活性酸素を除去するビタミンAやビタミンCが含まれています。
ブロッコリーパックで、シミやシワの無い肌を目指しませんか?

 

料理をするとき、ブロッコリーの茎を捨ててしまっていませんか?
とても勿体無いです。
ブロッコリーの茎の部分には、栄養素がたっぷり含まれています。
お料理にもぜひ使ってくださいね。

 

そして、ブロッコリーの茎には、肌トラブルを解消してくれる有効成分も
たくさん含まれています。

 

私たちのヒトの細胞の中では、活性酸素が日々作られています。
肌が老化し、シミやシワ、たるみが起きるのも、
体内で活性酸素が増え、肌の酸化が進んだことが原因です。

 

この活性酸素を抑え込む力がある成分が、
ブロッコリーの茎の部分に含まれています。

 

ブロッコリーの茎の部分に含まれているビタミンAとビタミンCには、
抗酸化作用があるので、肌を老化から守ってくれます。
また、ビタミンAは、ヒアルロン酸の生成を促進してくれます。
ですから、肌に潤いも与えてくれます。
ビタミンCには、真皮のコラーゲンの合成を助ける働きがあります。
私たちの肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれていますが、
この真皮の70%をしめているのはコラーゲンです。
つまり、真皮の保水力を支えているのはコラーゲンですから、
ブロッコリーの茎の有効成分によって、肌に潤いが得られ、
ハリのある、弾力のある肌へと導かれるのです。

 

ブロッコリーパックに使う材料は、ブロッコリーの茎とヨーグルト、
そしてハチミツです。
どれも食品ですから、安心して使うことが出来ますね。

 

パックは一週間に1回、もしくは2回、定期的に行いましょう。
また、日ざしを多く浴びた日に行うのがおススメです。
ブロッコリーパックを続けていくうちに、
乾燥やつっぱり感の無い、みずみずしい肌、
くすみの無い白くて透明な肌を取り戻すことができるでしょう。

ブロッコリーパックの作り方

材料:ブロッコリーの茎1個分、ヨーグルト大さじ1、ハチミツ適量

 

(1) ブロッコリーはよく洗い、茎の部分を切り落とします。

 

(2) 切り落としたブロッコリーの茎を、おろし金などですりおろします。

 

(3) ハチミツ、ヨーグルトを(2)に加え、よく混ぜ合わせ、材料が馴染んだら出来上がりです。

 

 

顔を洗った後に、ブロッコリーパックを顔に塗ります。
10分後、ティッシュペーパーなどで拭き取り、ぬるま湯で洗い流します。
普段どおりに、化粧水や乳液でスキンケアをしてください。